未分類

⭐️アップルパイの作り方

2021年10月17日

アップルパイ

cioa!

イタリア料理教室ラクッチーナサッチの藤野幸子です。

最近、めっきりと気温が下がって寒くなってきましたね。

こうなってくると食べたくなるのが焼き菓子。

大好きなアップルパイ。

アップルパイ

今回は、とっても簡単に美味しくできるアップルパイをご紹介します。

型なし。パイ生地は、材料を混ぜて、フリフリするだけ。(なんのこと??ですね)

よかったら是非、お試しくださいね。

こちらのレシピは藤野幸子のシンプルクッキングyoutubeでもご紹介してます。

よかったらチャンネル登録&高評価よろしくお願いいたします❤️

(長吏時間)1時間

(材料)(8人分)

薄力粉・・200g

無塩バター・・80g

水・・80g

塩・・ひとつまみ

リンゴ・・2個

きび砂糖・・大さじ4

シナモン・・少々

ラム酒・・小さじ1

パン粉・・大さじ1

粉糖・・適量

(作り方)

準備 無塩バターはレンジで溶かして荒熱をとる。

塩と薄力粉はわせて混ぜておく。

1 大きなタッパーに溶かした無塩バター、水を入れて薄力粉と塩を混ぜたものを入れ、蓋をしてよく振る。まとまったらさらに大さじ1の薄力粉(分量外)を入れて、もう一度蓋をして振るう。

2まとまった生地をラップして冷蔵庫で一時間以上冷やす。

3りんごのフィリングを作る。3mmに薄く切ったりんごにきび砂糖大匙3、ラム酒、シナモンを加えて混ぜておく。

4生地を冷蔵庫から出して、3mm厚さに伸ばす。

5周り2cmを残して、パン粉をしき、さらにりんごをのせて、きび砂糖1をかけて、生地の周り2cmを内側に織り込む。

6 180度に予熱したオーブンで40分、さらに230度で5分焼く

7出来上がったら茶こしで粉糖をかける。

生地は一時間以上冷やすと扱いやすくなります。
お好みで砂糖の量は増量してください

お好みでバニラアイスを載せても美味しいです。

さらに詳しくレシピをご覧になりたい方はyoutubeをご覧ください→click

イタリア料理教室楽チーサッチHP→click

イタリア料理やパンをご紹介してます。

下準備 無塩バターはレンジで溶かして粗熱をとる。
塩と薄力粉は合わせて混ぜておく。
1 大きなタッパーに溶かした無塩バター、水を入れて薄力粉と塩を混ぜたものを入れ、蓋をしてよく振る。まとまったらさらに大さじ1の薄力粉(分量外)を入れて、もう一度蓋をして振るう。
2 まとまった生地をラップして冷蔵庫で一時間以上冷やす。
3 りんごのフィリングを作る。3mmに薄く切ったりんごにきび砂糖大匙3、ラム酒、シナモンを加えて混ぜておく。
4 生地を冷蔵庫から出して、3mm厚さに伸ばす。
5 周り2cmを残して、パン粉をしき、さらにりんごをのせて、きび砂糖1をかけて、生地の周り2cmを内側に織り込む。
6 180度に予熱したオーブンで40分、さらに230度で5分焼く
7 出来上がったら茶こしで粉糖をかける。

ポイント

生地は一時間以上冷やすと扱いやすくなります。
お好みで砂糖の量は増量してください

  • この記事を書いた人
藤野幸子

藤野幸子

健康管理一般指導員
豆腐マイスター認定料理講師

結婚後、フランクフルトのイタリアレストランで6年間、イタリア人と一緒に厨房で働く。
2000年に日本へ帰国。
成城と日吉で料理教室ラクッチーナをスタート。

多くの方に、まかない料理のように簡単で、美味しく、しかも、ちょっとおしゃれなイタリア料理作りを教えています。
レストランできれいに飾った料理とは違った、きどらない、おいしくって簡単料理!
お友達や家族と一緒に楽しめる、料理やテーブル作りを提案します。

-未分類

© 2022 ラクッチーナサッチ