レシピ

メレンゲの作り方のポイント

2021年10月19日

メレンゲ

ciao!

イタリア料理教室ラクッチーナサッチ の藤野幸子です。

今月は、イタリア料理コースのデザートとして

グラスで作るティラミスご紹介しました。

メレンゲ ティラミス

メインはティラミスですが。。

実は、本当におすすめしたいのが上に載っているメレンゲです。

今回は、時間の関係でメレンゲについてはレシピのみみなさまにお渡ししましたが、実演はまた、改めてご覧いただければと思います。

いくつかポイントをご紹介します。

メレンゲ菓子の

卵白・・冷たくしておく。できれば1週間以上冷蔵庫に入れて冷やした卵白

砂糖は少しづつ加えて泡だてて、硬いしっかりとしたメレンゲを作って、泡を潰さないよにさっくりと混ぜる。

オーブンの温度はグッと低め。100度くらい

そして、最後、意外に知られてないのが大きさ!

メレンゲ

これは、以前、絞り出し袋がなくて大きく焼いたのですが、

今まで焼いていた小さいのに比べて断然美味しいのです。

周りはさくっとして軽くてとても美味しいです。

こちらのレシピは、実は、以前、ナポリのガンベロロッソとく有名な料理学校でシェフに教えてもらたものです。

素朴ですが、とってもいしくてよく作ります。

また、レッスンでも、改めてご紹介させていただきたいと思います。

ラクッチーナサッチ のHPは→click

イタリア料理やパンを対面、オンラインレッスン でご紹介してます。

  • この記事を書いた人
藤野幸子

藤野幸子

健康管理一般指導員
豆腐マイスター認定料理講師

結婚後、フランクフルトのイタリアレストランで6年間、イタリア人と一緒に厨房で働く。
2000年に日本へ帰国。
成城と日吉で料理教室ラクッチーナをスタート。

多くの方に、まかない料理のように簡単で、美味しく、しかも、ちょっとおしゃれなイタリア料理作りを教えています。
レストランできれいに飾った料理とは違った、きどらない、おいしくって簡単料理!
お友達や家族と一緒に楽しめる、料理やテーブル作りを提案します。

-レシピ
-

© 2022 ラクッチーナサッチ