レシピ

低温調理でしっとり自家製ツナ

2021年12月10日

低温調理でブルスケッタ
ciao!
イタリア料理教室ラクチーナサッチを主催してます。
料理家の藤野幸子です。
最近、料理好きな人の間で密かなブーム
低温調理
ゆっくり火を入れることにより、素材をしっとり美味しく仕上げます。
その活用法としては
ローストビーフ、ハム、温泉卵、プリン、茶碗蒸し、甘酒など
これらのお料理は低温調理することによって
より美味しくしっとり、そして簡単に仕上がります。
大切なのは、温度と調理時間。
これを決めるために何回も試作をします。
今回、サロンでご紹介しているのは
自家製ツナ
低温調理でブルスケッタ

低温調理でブルスケッタ

しっとり、もちろん添加物ゼロ、オリーブオイルで仕上げています。
冷蔵庫で3週間持つので、ちょっと多めに作っておけば色々なお料理にも使えます。
サロンでは、ブルスケッタにしてご紹介。
他にもパスタ、サラダなど色々使えます
夏の暑い時、ケイパーの酢漬けを添えるとさっぱり
さらに美味しく召し上がっていただけます。
今回使った低温調理器 felio
低温調理器felio

低温調理器felio

felioの低温調理器⇨click

このブログを書いた藤野幸子はこんな人です。

藤野幸子プロフィール

結婚して、すぐにイギリスとドイツに駐在することになり、その間にヨーロッパだけでなくアフリカ、中近東 など数多くの国を訪ね、いろいろな料理や文化に触れることができました。 フランクフルトのイタリアレストランの厨房では6年間、イタリア人と一緒に厨房で働きました。2000年日本帰国後は、成城と日吉で料理教室ラクッチーナをスタート。現地のレストランの厨房や家庭で出会った、素朴な料理やパスタ、お菓子に感動! まかない料理のように簡単で、美味しく、しかも、ちょっとおしゃれな料理を紹介してます。レストランできれいに飾った料理とは違った、きどらない、おいしくって簡単料理! お友達や家族と一緒に楽しめる、料理やテーブル作りを提案します。帰国後は、イタリアンをはじめ、各国料理、和食も紹介してます。
  • この記事を書いた人
藤野幸子

藤野幸子

健康管理一般指導員
豆腐マイスター認定料理講師

結婚後、フランクフルトのイタリアレストランで6年間、イタリア人と一緒に厨房で働く。
2000年に日本へ帰国。
成城と日吉で料理教室ラクッチーナをスタート。

多くの方に、まかない料理のように簡単で、美味しく、しかも、ちょっとおしゃれなイタリア料理作りを教えています。
レストランできれいに飾った料理とは違った、きどらない、おいしくって簡単料理!
お友達や家族と一緒に楽しめる、料理やテーブル作りを提案します。

-レシピ
-, ,

© 2022 ラクッチーナサッチ