パン

お鍋で簡単・美味しいハードパン・ストウブパン

ciao!

イタリア料理とパンの教室ラクッチーナサッチ の藤野幸子です。

今回は、私が大好きなストウブを使ったパンについてご紹介したいと思います。

ストウブ鍋とは?

ストウブはフランスの鍋

最初にストウブを買ったのは、今から10年以上前。

蓋にボチボチ のピコがついていて水蒸気が素材に入って

無水料理がとても美味しくできます。

特に、煮込みやトマトソース作りはとても美味しいです!!

色や形もいろいろで気がつけば

我が家にはたくさんのストウブが集まってました(笑)

そんなストウブ鍋ですが、

実は、パンもとっても美味しくできるんです!

ストウブ鍋で焼くパン

ストウブでパン

特におすすめはカンパーニュやフランスパンなどのハード系のシンプルなパン

できた生地はストウブに入れて

仕上げ発酵。

焼く時には、初め蓋をして焼いて、残り、蓋をとって焼きます。

蓋をして焼くことによって

水分が逃げないので

出来上がったパンはしっとり、皮はパリッとして

まるで外国のパンのように美味しいパンが簡単にできるのです。

そのまま、ストウブに入れてテーブルに出してもとてもおしゃれですね。

いつものプレーンなパン生地を

ストウブに入れて蓋をして焼いて、さらに蓋をとって最後焼き上げるだけ。

ハード系を簡単に美味しく作ってみた方は是非、挑戦してみてくださいね。

ストウブの鍋をお持ちの方は、是非、一度作ってみてくだだいね。

簡単にできるのでお料理と一緒に作っても負担になりません。

ラクッチーナサッチ のレッスンでも毎回、ストウブパンを焼いてます。

  • この記事を書いた人
藤野幸子

藤野幸子

健康管理一般指導員
豆腐マイスター認定料理講師

結婚後、フランクフルトのイタリアレストランで6年間、イタリア人と一緒に厨房で働く。
2000年に日本へ帰国。
成城と日吉で料理教室ラクッチーナをスタート。

多くの方に、まかない料理のように簡単で、美味しく、しかも、ちょっとおしゃれなイタリア料理作りを教えています。
レストランできれいに飾った料理とは違った、きどらない、おいしくって簡単料理!
お友達や家族と一緒に楽しめる、料理やテーブル作りを提案します。

-パン
-

© 2022 ラクッチーナサッチ