パン

ストウブパン

ciao!

イタリア料理とパンの教室ラクッチーナサッチ の藤野幸子です。

今回は、ストウブで作るパンをご紹介したいと思います。

ラクッチーナサッチ のレッスンでもおいしく簡単にできるので毎回

焼いています。

ストウブというのはフランスの鍋

ストウブのファンの方も多いかと思いますが

保冷性、保温性がとてもよく

料理がとても美味しくできます。

でも実は、料理だけでなく・・パンもとっても美味しくできるんです。

ストウブが小さいオーブンの代わりになってくれて

蓋をして焼くので

パンの水分が抜けないので

しっとりそして皮はパリッと美味しくなります。

水分を多く含んでいるので

翌日になってもパサパサしないパンになるのも特徴です。

生地づくりは、こねるパンでも、こねない パンでも

イーストでも、自然酵母でも

なんでも大丈夫。

プレーンなパンは特に美味しくできます。

18cmのストウブパンの場合

余熱250度 

蓋をして230度にして30分

さらに蓋をとって15分くらい

が基本です。

ストウブお持ちの方は、パンも是非作ってみてくださいね。

とても美味しいパンができますよ〜

  • この記事を書いた人
藤野幸子

藤野幸子

健康管理一般指導員
豆腐マイスター認定料理講師

結婚後、フランクフルトのイタリアレストランで6年間、イタリア人と一緒に厨房で働く。
2000年に日本へ帰国。
成城と日吉で料理教室ラクッチーナをスタート。

多くの方に、まかない料理のように簡単で、美味しく、しかも、ちょっとおしゃれなイタリア料理作りを教えています。
レストランできれいに飾った料理とは違った、きどらない、おいしくって簡単料理!
お友達や家族と一緒に楽しめる、料理やテーブル作りを提案します。

-パン
-

© 2022 ラクッチーナサッチ