レシピ

バターなし!ヨーグルトで作るバナナケーキ

ciao!

ラクッチーナサッチイタリア料理教室の藤野幸子です。

最近バナナケーキに夢中になって

いろいろ試作をしてました。

手軽に手に入る材料で

簡単にできて

美味しく

ヘルシー

そんなバナナケーキができないかなと思って

出来上がったのがこちらのバナナケーキです。

以前もバナナケーキは藤野幸子のシンプルクッキングでご紹介して

たくさんの皆様から作りましたという嬉しいメッセージをいただきました。

その時もバターを使わずに代わりに米油で作ったのですが

今回は、油ゼロ

さらにヘルシーでローカロリーなpanesachiになりました。

ケーキというより

フランスのファーブルトンというもっちりしたお菓子に近いかもしれませんが

とても簡単に美味しくできます。

良かったら是非作ってみてくださいね。

ヨーグルトバナナケーキの作り方(材料)

(18cmパウンド1台分)

熟したバナナ・・3本

無糖ヨーグルト・・3 0g

きび砂糖・・50g

塩・・ひとつまみ

卵・・2個(今回はこくと旨味が美味しいきよらの卵を使用)

薄力粉・・80g

ベーキングパウダー・・小さじ1

作り方

下準備 型にクッキングペーパーを敷いておく。・

1 ボウルに熟したバナナ2本を手で潰していれる。薄力粉とベーキングパウダーは一緒にしてふるう。

2 ヨーグルトを入れて泡立て器て混ぜる。さらにきび砂糖、塩を入れて混ぜる。

3 卵を加えて混ぜる。

4 薄力粉とベーキングパウダーを加えて混ぜる。

5 残りのバナナ5mmの厚さに切って上にのせる。

6 余熱したオーブン200度で20分。温度を180度に落として約40分焼く。

まとめ

焼き上がったあとに粉糖をかけたり、ナッツをのかたり飾りつけをしてもいいですね。

今回は、自家製な干した金柑があったのでトッピングしました。

皮はしっかりカリッと焼くのがポイント。中と外の食感の違いをお楽しみくだださい。おやつの他、朝食にもおすすめです。

  • この記事を書いた人
藤野幸子

藤野幸子

健康管理一般指導員
豆腐マイスター認定料理講師

結婚後、フランクフルトのイタリアレストランで6年間、イタリア人と一緒に厨房で働く。
2000年に日本へ帰国。
成城と日吉で料理教室ラクッチーナをスタート。

多くの方に、まかない料理のように簡単で、美味しく、しかも、ちょっとおしゃれなイタリア料理作りを教えています。
レストランできれいに飾った料理とは違った、きどらない、おいしくって簡単料理!
お友達や家族と一緒に楽しめる、料理やテーブル作りを提案します。

-レシピ
-

© 2022 ラクッチーナサッチ