レシピ

ピスタチオとチェリーのパウンドケーキ

Ciao!

料理家藤野幸子です。

こちらでは、イタリア料理、パンのこと、教室のこと、おすすめレシピをご紹介してます。

今回、ご紹介するのは

ピスタチオケーキ 

ピスタチオといえば、南イタリアシチリアの生産が有名です。

中でもシチリアのブロンテのピスタチオは最高!

お菓子はもちろん!

他にもパスタソースなどお料理にも使われます。

私はイタリアに行くと必ず食べるのは、ピスタチオのジェラート!

チェリーのジェラートと合わせて食べるのが、特に大好きです。

ピスタチオとチェリーの組み合わせは相性がとても良くておすすめ。

今回は、そんなピスタチオとチェリーを合わせて

南イタリアシチリア風のパウンドケーキを作りましたのでご紹介します。

(材料)(18cmパウンド型1個分)

卵・・2個

ピスタチオペースト・・20g

グラニュー糖・・85g

無塩バター・・90g

薄力粉・・80g

ベーキングパウダー・・4g

冷凍レッドサワーチェリー(冨澤商店さんのものを使用)・・100g

・トッピング

ホワイトチョコ・・50g

マイクリオ ・・ 0.5g

砕いたピスタチオ・・3gz

材料

(作り方)

準備

1 薄力粉とベーキングパウダーは一緒にして振るっておく。

2 パウンド型にクッキングシートをセットする。

3 バターはレンジにかけて溶かしバターにする。

作り方

1スタチオペーストに牛乳を少しずつ入れてよく混ぜる。

2別のボウルに卵を入れて泡立て器でほぐす。

3グラニュー糖を加えて泡立て器で混ぜる。

4 1のピスタチオと牛乳を加えてさらに泡立て器で混ぜる。

5溶かしバターを加えて、泡立て器で混ぜる。


6振るった薄力粉とベーキングパウダーを加え泡立て器で混ぜる。

7サワーチェリーを加えゴムベラで混ぜる。

8型に生地を入れて、180度に予熱したオーブンで約40~45分焼成。

9粗熱が取れたら型から出して冷ます。

10ボウルにホワイトチョコを入れて約40度の湯煎で溶かし、マイクリオ を加え混ぜて約34度に温度を下げる。

11冷ましたケーキの上にハケでホワイトチョコを塗る。

12ホワイトチョコが固まらないうちに、スーパーグリーンピスタチオをトッピングして完成。

ポイント

ピスタチ風味の南イタリアのパウンドケーキです。

生地にレッドサワーチェリーを加え爽やかな酸味を加えてます。グラサージュにホワイトチョコレートを使ってますが、マイクリオ を使うことで少量のチョコレートでもテンパリングの必要がなく簡単にきれいに固まります。

パウンド型で混ぜるだけで簡単にできますのでよかったら是非試してくださいね。

ラクッチーナサッチ では対面のレッスンの他、オンラインレッスンも毎月開催してます。

ご興味ある方は、ラインに登録していただけるとお知らせが届きます。

ラクッチーナサッチ 公式ライン→click

  • この記事を書いた人
藤野幸子

藤野幸子

健康管理一般指導員
豆腐マイスター認定料理講師

結婚後、フランクフルトのイタリアレストランで6年間、イタリア人と一緒に厨房で働く。
2000年に日本へ帰国。
成城と日吉で料理教室ラクッチーナをスタート。

多くの方に、まかない料理のように簡単で、美味しく、しかも、ちょっとおしゃれなイタリア料理作りを教えています。
レストランできれいに飾った料理とは違った、きどらない、おいしくって簡単料理!
お友達や家族と一緒に楽しめる、料理やテーブル作りを提案します。

-レシピ
-

© 2022 ラクッチーナサッチ