レシピ

⭐️トマトと豚のパスタからカレーのアレンジ

2021年12月4日

カレー

ciao tutti

イタリア料理教室ラクッチーナサッチ の藤野幸子です。

イタリア料理では、よくトマトの煮込みを作ります。

例えば、豚とトマトの煮込み。

豚とトマトのパスタ

そのまま食べても美味しいのですが、太めのパスタと合わせるととても美味しいパスタになります。

先日の、パンのクラスでシュトーレンを作った時の発酵時間の合間に

お出しして皆さんにも味見していただきました。

こういった煮込み系は、いつもたくさん作って余ったらカレーにアレンジ。

カレー

アレンジの仕方をちょっとご紹介したいと思います。

まずは、オリーブオイルでお好みのスパイス(カレー粉やクミン、カルダモン、ナツメグ)を炒めます。

スパイスは炒めることにより、香りがアップします。

スパイス

そして、トマト煮には、ヨーグルト、ジャム、お好みでカイエンペッパーでプラスします。

カレー

ヨーグルトやジャムを入れることで、カレーらしい酸味と甘みが加わります。

お好みでバターを入れるとさらにカレーぽくなります。

そしてこちらもあればでいいのですが、

お好みの野菜など具材を加えてボリュームアップ。

今回は、レッスンで余ったレンズ豆を入れました。

レンズ豆

レンズ豆と豚のスパイシーカレーの出来上がりです。

12月はイタリア料理クリスマスレッスン。

スペアリブの赤ワイン煮を作ります。

スペアリブの赤ワイン煮

こちらもこんな感じでカレーにアレンジできますのでよかったらやってみてくださいね。

ラクッチーナサッチ ではイタリア料理やパンの対面、オンラインレッスン を開催してます。

ご興味ある方はHPをご覧くださいねラクッチーナサッチ 公式HP

藤野幸子のレシピ

豚とトマトのパスタからカレーを作る

たけのこ芋のコロッケ

クッチーナポーベロ卵とチーズのスパゲッティー

リンゴ丸ごとアップルゼリー

・チキントマトラーメン

ステーキ丼

余ったパンで簡単おやつのラスク

イタリア風南蛮漬け 豆あじのアグロドルチェ

くるみのパスタ

・パセリ大量消費パセリ味噌おにぎり→click

・ステーキ丼→click

・ニンニクオイルの→click

・自家製ゆず→click

・簡単アップルパイ→click

・イタリアチョココーヒー・ビチェリン→click

このブログを書いた藤野幸子はこんな人です。

藤野幸子プロフィール

結婚して、すぐにイギリスとドイツに駐在することになり、その間にヨーロッパだけでなくアフリカ、中近東 など数多くの国を訪ね、いろいろな料理や文化に触れることができました。 フランクフルトのイタリアレストランの厨房では6年間、イタリア人と一緒に厨房で働きました。2000年日本帰国後は、成城と日吉で料理教室ラクッチーナをスタート。現地のレストランの厨房や家庭で出会った、素朴な料理やパスタ、お菓子に感動! まかない料理のように簡単で、美味しく、しかも、ちょっとおしゃれな料理を紹介してます。レストランできれいに飾った料理とは違った、きどらない、おいしくって簡単料理! お友達や家族と一緒に楽しめる、料理やテーブル作りを提案します。帰国後は、イタリアンをはじめ、各国料理、和食も紹介してます。

  • この記事を書いた人
藤野幸子

藤野幸子

健康管理一般指導員
豆腐マイスター認定料理講師

結婚後、フランクフルトのイタリアレストランで6年間、イタリア人と一緒に厨房で働く。
2000年に日本へ帰国。
成城と日吉で料理教室ラクッチーナをスタート。

多くの方に、まかない料理のように簡単で、美味しく、しかも、ちょっとおしゃれなイタリア料理作りを教えています。
レストランできれいに飾った料理とは違った、きどらない、おいしくって簡単料理!
お友達や家族と一緒に楽しめる、料理やテーブル作りを提案します。

-レシピ

© 2022 ラクッチーナサッチ